野 焼 き                 4/4 2019       

 

 《初句会の最高点句》.

                                         

                満票 

 

                   野 焼 き                 3/7 2019       

 

 《初句会の最高点句》.

                                         

                満票 

 

風が解く 野焼きのあとの草の罠               美代子    

 

 

 

 

眼科医の老化の一語冬薔薇              佐代子

 

 

冬の朝 柏手に消す陰気かな

 

 

 

庭の木の鳥影縁に日足伸ぶ                博三

  

 

風聞に今年限りの年賀状  

 

 

 

雛飾る年毎に虫喰い増えて                美代子

 

 

風が解く野焼きのあとの草の罠             

 

 

 

寒の朝辺りの空気ひきしまる                   

 

 

振り返る子を見送るや寒の月

 

 

 

 

登校の自転車急ぐ息白し                     順子

 

 

うきうきと外に目の向く春日和

 

 


通学路に子猿三匹春隣                     こつる

 


久方のビンゴゲームや二月尽
 

 

 

 

娘の命日いつもの笑顔桃の花              しづ子

 

 

部屋着にと取出す古きカーディガン

 

 

 

ジーンズにレッドを羽織る島の春              美穂

 

 

春浅し昼に出ていく郵便船

 

 

 

春未来 不動無言のサンゴ礁               宇則

 

 

桃の花 親子パンダの手が動く

 

 

 

春立てりスパゲッティのゆで加減            喜久巳

  

 

おさな児と遊ぶ絵本の中は春

 

 

                  初  明   り             1/4 2019       

 

 

 

  《初句会の最高点句》.  

 

 

 

 

 

 

とんど焼きもちがふくれて列に入る          博三

 

 

田起しの重機の音に鷺静か

 

 

 

群雀一丸となる冬の夕                     佐代子

 

 

来る年や地蔵様の前掛け縫う

 

 

 

古暦の残りの日日や未来の灯            美代子

 

 

京舞の白足袋一歩踏みだしぬ

 

 

 

石段の一歩一歩に淑気満つ              喜久巳

 

 

珍しく河原に上がる鳶かな

 

 

 

冬の日や深閑として我が在所               周

 

 

冬の日や励まされたる一人かな

 

 

 

柚子の香や一際引き立つ茶碗蒸し        順子

 

 

除夜の鐘思い出捲り日記帳

 

 

 

小春日の縁に座布団並べおり              こつる

 

 

大掃除父が形見のふいごかな

 

 

 

年ごとに淋しさ増える師走かな               しづ子

 

 

独り居やポインセチアの彩の満つ

 

 

 

鄙び戸の桟に差された絵門松               宇則

 

 

閉店街 ずぶ濡れの猪ちはやぶる

 

 

 

一列の甲冑の目や城淑気                   美穂

 

 

沖縄の海 恵方への通せんぼ

 

 

 

 





上記以前の作品は、「鼓動・風韻   と   歳時記2017 に掲載しています。