編集中

七月の渦巻く登龍  五つ六つ (野間・弁天 ↑ ) 

 

                 神 の 留 守                 11/4 2018  

 

 

  《十一月句会の最高点句》.

 

 月光に洗われており寺の鴟尾   美代子

 

 

友の葬おえてどしゃ降り秋の暮        
一歩出て故郷の山秋の昼            
月光に洗われており寺の鴟尾       美代子  
ぐい飲みというより湯呑み月見豆          
雨音かはた足音か小夜しぐれ       喜久巳  
晩秋の野道を辿る歩巾かな            
野良猫ののそり隠れし月明かり       順子  
秋の蝶風の吹くまま何処へと            
爪立ちて狛犬撫でる神の留守       こつる  
かくれんぼ鬼さんわたし紅葉です          
運動会ビッグパンツの親子かな       しず子  
祝詞あぐ声にひかれる秋祭            
秋夕焼浄土の道を雲行けり         佐代子  
秋晴れの共に歌える生演奏            
老人一人昔を思い写真飾る        博三  
老松のてっぺん揺らいで巣立つ鳥        
脱出艇にすがる血涙腕濃霧         宇則  
キスカ撤退 濃霧に流る友の血腕        
鳥渡る投票に待つ市の名前         美穂  
小春日や尾根の重なる丹波かな        

 

 

                 夜   長                 10/4 2018          

 

 

  《十月句会の最高点句》.

 

 

老いの手に重き歳時記夜長の灯           博三  

                               

 

    ............................................................................................

 

        

 

 

秋の夜果てなき空の夢馳せる                                                                        順子

朝水の清め一日秋の色

 

 

 

老いの手に重き歳時記夜長の灯                                                                      博三

木枯らしに押されて急に家路かな

 

 

 

 颱風の過ぎし安堵や大地震                                                                        しず子

胸躍る句会ライブや秋つばめ 

 

 

稲刈りやパンとコーヒーの野良喫茶                                                                  美代子

敬老日フォーク持ちて食べており

 

 

秋耕の人まばらなり声もなし                                                                       佐代子

何事もなく去り夜半の野分かな

 

 

星月夜空き家に窓の半開き                                                                     喜久巳

新しき市の名が生まる百日紅

 

 

西方に廿日の月の古戦場                                                                       宇則

「お先に…」遺す兄貴にビルマ蟻

 

 

馬肥ゆる誤嚥防止の立ち話                                                                      こつる

お彼岸や墓前の供物嫁と分け

 

 

曲がる娘のライト秋の夜                                                                          周

娘が帰り後のがらんどう秋の夜

 

 

水澄めり岩影似たり丹波竜                                                                       美穂

秋桜丹波郡の婆二人

 

 

 

 

 

                標識のない日盛り                  9/4 2018                    

 

  《九月句会の最高点句》.

 

 

標識のなき道よぎる日の盛り              

                               周

 

    ............................................................................................

 

        

 

盆踊り袖を手繰って肩を出し        美代子

 

灯籠ささやまの軒灯点りいる                                                                             

                                                

一雨を焦がれ焦がるる夏盛り                佐代子

 

今年また軒陰にいる青大将                                                                         

 

友が来て猛暑はじける一と日かな          

               

    標識のなき道よぎる日の盛り                                                                           

 

里山にふわりと雲や秋近し             順子                              

朝食に匂いの際立つ鳳梨かな                                   

 

                                        

平成の御代を静かに杜鵑草               喜久巳  

            

七夕や摩文仁の丘に友の顔                                      

 

 

一匹は狂ひ泣きせん千の虫                    こつる

               

少子化や 蜩遠い友誘う                                                                                                                   

 

取り戻さむ晩夏辺野古のサンゴ礁          宇則

                

逆さ台風 必死に喘ぐ丹波栗                                                                       

 

迎え火の揺れる玄関父帰る               しづ子

 

新しいの魂棚の夫ほほえみて                                                                                                                  

 

荒れ庭に今年も開花百合の花            博三 

                                                                            

甲子園勝負を終えし礼すがすがし                                                                                                          

 

安全の旗に野分の余り風                           美穂

 

雲を脱ぐ丹波の富士や稲稔る          

 

 

 


 

                      八 月 の  潮 音                8/4  2018                       

 

 

《八月句会の最高点句》. 

 

 

百合開く匂い袋をとくように         

                         美代子

 

 

    .................................................................................................  

 

 

 

わがさ庭 梔子甘き香を放つ               

                         佐代子

 

引ききれぬ夏草今日も終わりけり

 

 

追憶の語り母とのかき氷           

                          順子

噴水や 青空包み声包み                

 

 

万緑やリハビリに通う老い一人       

                          博三

 

猛暑日に帰ってくるなと孫に言い

 

 

百合開く匂い袋をとくように          

                         美代子

 

引き揚げの身の喜寿となり終戦日

 

 

 

岩魚焼く塩の弾けて昼の月         

                          美穂

 

少年法ぢりぢり絡む山の芋 

 

 

 

朝顔を咲かせて老いを鞣しめしけり     

                         喜久巳

 

一面に稲穂の波や盆の月

 

 

 

熱波来る子の声どこへ夏休み        

                         しづ子

 

開け放つ家中酷暑通り抜け

 

 

 

折り返す散歩の道や青田風         

                         こつる

 

靴脱ぎ石にぶらりゴーヤの影宿る

 

 

 

子蝉かも耳鳴りの耳傾ける         

                         宇則

 

竿に来る幼馴染の銀やんま

 

 

 

 

家の中千歩歩きし夏の昼           

                          周

 

真夏日の村の作業のはかどらず    

 

 

 

 

 


 

  


                 七 月 登 龍                   7/4 2018       

 

 

 

      

 

  《七月句会の最高点句》.

 

結界の橋脚沈む出水川               美穂

 

.............................................................................................

 

手をあわす万緑千手観音像 

 

 

 

惜春や雨の滴る庭の木々                 順子

 

 

 

 

 

 

初夏の陽を連れて来たりし若き友           周

 

 

ひとり居を訪ねてくれし初夏の風

 

 

 

烏の子 クワー クェーン、アファ、アホー   宇則

 

 

皮算用深夜に増える袋カビ

 

 

 

明け易し棚田をつなぐ水の音             美代子

 

 

丹波晴 豆播く畝を整えて

 

 

 

居残りや卯の花腐し夕灯り                しづ子

 

 

蓮浮葉や飛び交う鳥の休憩所

 

 

 

電柵をくぐりて野菜猿の餌となり             博三

 

 

爆竹の音に目覚める夏の朝

 

 

 

お性根の入りし墓石メロンの香              こつる

 

 

一帳羅を紙魚に食われし我が余生

 

 

 

梅雨湿り何を見せても駄々捏ねる           美穂

 

 

クローバーの土手を駆ける児胸に止め

 

 

 

束となりゆらりゆらりと花大根                 佐代子

 

 

早苗田に恵みの雨の降り出せり

 

 

 

 

 


                            風   韻                                  /4  2018                 

 

 

 

 

 《六月句会の最高点句》

 

 

 明け易し棚田をつなぐ水の音             美代子

 

 

 

 ............................................................   

 

白南風や山田に光る水の色             喜久巳

 

 

手をあわす万緑千手観音像 

 

 

 

惜春や雨の滴る庭の木々                 順子

 

 

香り満つ茶請け引き立つ新茶かな

 

 

 

 

 初夏の陽を連れて来たりし若き友           周

 

 

ひとり居を訪ねてくれし初夏の風

 

 

 

烏の子 クワー クェーン、アファ、アホー   宇則

 

 

皮算用深夜に増える袋カビ

 

 

 

明け易し棚田をつなぐ水の音             美代子

 

 

丹波晴 豆播く畝を整えて

 

 

 

居残りや卯の花腐し夕灯り                しづ子

 

 

蓮浮葉や飛び交う鳥の休憩所

 

 

 

電柵をくぐりて野菜猿の餌となり             博三

 

 

爆竹の音に目覚める夏の朝

 

 

 

お性根の入りし墓石メロンの香              こつる

 

 

一帳羅を紙魚に食われし我が余生

 

 

 

梅雨湿り何を見せても駄々捏ねる           美穂

 

 

クローバーの土手を駆ける児胸に止め

 

 

 

束となりゆらりゆらりと花大根                 佐代子

 

 

早苗田に恵みの雨の降り出せり

 

 

 

 



 

 

                 初夏 の 風 韻                                 /4  2018            

 

 

 《五月句会の最高点句》

 

 

 日々写経 墨香漂ふ著莪の花                      こつる

 

 

 

 ........................................................... ............................................................    

 .    

 

 

 

新緑の中を歩きて若返る                              

 

 

新緑の風カーテンにゆらぎたる 

 

 

 

 

 

甘き香の筍ごはん夕餉かな                          順子

 

 

光差し書院を包む朝桜 

 

 

 

 

 

母の日や陽炎を追う姉いもと                       喜久巳

 

 

足跡の清き感触青嵐 

 

 

 

 

 

車座の弁当被う花吹雪                             佐代子

 

 

老父らの舌鼓せる花の宴

 

 

 

 

遊び田を遊ばせてあり  春の風                       博三

 

 

深々と沈む足裏落ち葉踏む

 

 

 

 

 

香煙を堂宇に揺らし御忌の鐘                       美代子

 

 

保育所の門の衛兵チューリップ

 

 

 

 

 

夏近し鳥のかたちの名園木                           美穂

 

 

光秀の系譜赤裸々百合匂う

 

 

 

 

 

日々写経墨香漂ふ著莪の花                        こつる

 

 

ツクツクと筍の出て人老ゆる

 

 

 

 

 

里の香に恋するがごと蛙鳴く                           かずよ

 



散歩する音軽やかに蛙鳴く

 

 

 

 

 

若き父の逝く天国や春惜し                         しづ子                   

 

 

店頭のイベント知らす風車

 

 

 

 

 

四月馬鹿52億の皮算用                                宇則

 

 

口つぐむ同期の桜   マ、マ、、満洲

 

 

 

 


梅雨空に「九条守れ」の女性デモ

 

 

 

青葉光る 我等の轍 刻みゆく 

 

5.18/2018佐藤一子(東京大学名誉教授・社会教育学)

  

1審さいたま地裁につづき、東京高裁でも勝訴!!

 

 

 さいたま市大宮区の女性作(74・原告)


                                春  の  風 韻                                 4/4   2018        

 

 

 《四月の最高点句》

 

 

 峠道車窓に触れる初桜                   しづ子

 

 

 

春めきて徒歩十分の日課かな             周

 

 

 

............................................................   

 

 

 

 

桜餅老舗の姉妹笑顔よし                           泰明

 

 

 

椿落つ前触れもなく音もなく

 

 

 

 

 

 

梅白し若女将居て灯のともる                        美穂

 

 

フクシマを水の記憶に木の芽風 

 

 

 

 

待ちわびし和み春のお弁当                      かずよ

 

 

陽炎にひっくり返ったお弁当

 

 

 

 

お彼岸の和尚御多忙 猫走る                      こつる

 

 

片耳にマスクがぶらり 切符買う

 

 

 

 

 

満開のさくらにつける金銀銅                       喜久巳

 

 

仏飯が朝夕過ぎる東風の窓  

 

 

 

 

 

春嵐ビニール袋何処へと                           順子

 

 

光浴ぶ枝の先まで芽吹きおり

 

 

 

菩提寺の扉に陽の遊ぶ彼岸かな                美代子

 

 

 

納屋の鍬 待ちこがるるや春の泥

 

 

 

どの顔もようやくゆるむ春日影                      佐代子

 

 

 

長閑さの週末すぐに終わりけり

 

 

 

 

 

パンジーの肩寄せ合って雨や雨                   博三

 

 

 

菜の花の明かりの如くポッと咲く

 

 

 

 

 

 

 

春分や今日のデートは供花手に                 しづ子  

 

 

 

 

童謡の歌声つまる春の昼                          

 

 

 

 

 うぶ砂に兜太の足跡 春の風  2.20/2018       宇則

 

 

 

やーるまいぞ遣るまいぞ

 

                     四十八坂「控え」の逃亡

 

 

 

 


                           春 の 息 吹                                3/6   2018       

 

 

 《三月の最高点句》

 

 

 木の芽風 箪笥の中の能袴            美  穂

 

 

                                                                篠山 春日能

............................................................   

 

 

皆無言 方角定まる恵方巻

                                                 順子  

つかの間のビタミンDの冬日和

 

 

童謡会 寒さ吹きとぶ歌の声                   周

 

厨から雪を眺めし一と日かな

 

 

リモコンの電池も我も春を待つ                喜久巳

 

胸元を過ぎて水面に光る風

 

 

笹子来て木々の若芽に群がれり             佐代子

 

夕暮れの池の面に揺れ鴨数羽

 

 

 

手火鉢や雨水受けて魚はねる                しづ子      

 

春一番出番こばみし低気圧

 

 

 

啓蟄や 此処マラソンの出発点               こつる

 

幾何模様の街を抜け出て芽木の坂

 

 

 

藤井棋士の前かがみなり梅真白            美代子

 

指呼の声の女性車掌や駅冴ゆる

 

 

 

春浅し机引き出し探しもの                    博三

 

散歩道春めく風に背を伸ばす

 

 

 

野火叩く丹波訛りの若き声                   美穂

 

木の芽風 箪笥の中の能袴

 

 

 

地産物 いただく我に春きたる                かずよ

 

山野草にぽつり素性を洩らしけり 

 

 

 

尾の切れた忖度とかげの薄す笑い             

                                                                                  

                                                                        宇則

末黒野の畦にしみ入る核ベクレル

 

 

 

 

 




 

                             春 の 息 吹                            2/4  2018        

 

 

 《初句会の最高点句》

 

 

 水仙や意志の強さに凛と立つ               喜久巳

 

 

 

 ............................................................   

 

 

冬枯れの満願に会う八咫烏 ※ 1            佐代子 

 

 

床の花初日差し込み客招く  

 

 

 

 

思いがけない人から電話冬の宵           周

 

 

待つ人の来なくて新年すぎゆけり  

 

 

 

 

初詣親子の鳴らす鈴の音                喜久巳

 

 

水仙や意志の強さに凛と立つ  

 

 

 

 

カーテンを明け開く日や雪景色           博三

 

 

初夢に出て来い妻よ年重ね  

 

 

 

 

鶏日や農から解かれ開く本             美代子

 

 

福笑い前頭葉が光りだす  

 

 

 

 

家家に道すじひとつ深雪晴              美穂

 

 

深ければ雪に呑まれる別れあり  

 

 

 

 

縁側に書留の来る冬温し               こつる

 

 

あれこれと買い足す主婦や日脚伸ぶ

 

 

 

 

初春を迎える稚※2抱き笑顔來る        しづ子

 

 

人生に一人※3雑煮のあるを知る 

 

 

 

 

菊水紋 侍ふ忖度霜柱                宇則

 

 

満開のおみくじの花  ぼたん雪

 

 

 

 

春の声鳥が知らせる時間割          かずよ

 

 

 

ああ小寒犬の笑いしロングラン

 

 

 

上記以前の作品は、「鼓動・風韻   と   歳時記2017 に掲載しています。

 

.

 

人生に一人雑煮のあるを知る

 

 

 

............................

 

※2 、※3   参考資料

 

種田山頭火  の  無季自由律俳句

 

 

 

咳をしても独り

 

ただ風ばかり吹く日の雑念

 

いつしかついて来た犬と浜辺に居る

 

墓のうらに廻る

 

分け入っても分け入っても青い山

 

 

空即是色  色即是空

 

 


 

※ 1

八咫烏(やたがらす)

 

 ← 

 

 

   日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされとされる。 

熊野国から大和国への道案内をしたとされ、一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている。

 

  明治以降~敗戦まで、学校教育の歴史教材として、この神話は皇国史観の目玉であった。

...................................

 

  戦後、文部省は神話と歴史・事実を区別して、これを検定教材とはしなかった。しかし、根強い攘夷~尊王派の勢力が、近年、再び台頭。文部省は、皇国史観の教科書を検定済に復古。

 

    森友学園への「国有地格安払下げ事件」は、天皇制国家観の信奉者=籠池氏と安倍・首相案件の癒着の濃密さが露呈した事件。

 

    主権在民・基本的人権尊重の憲法を骨抜きにする策略の大波・小波のニュースが、日夜目の前に迫っている。

  

「八咫烏」の伝承を実証済みの地図や教科書に書き込むと、幼い子どもたちは、史実と混同する。この策略をたくみに使い、ゎが帝国文部省は、天皇制国家観を強制してきた。