編集中

                  初  明   り             1/4 2019       

 

 

 

  《初句会の最高点句》.  

 

 

 

 

 

 

とんど焼きもちがふくれて列に入る          博三

 

 

田起しの重機の音に鷺静か

 

 

 

群雀一丸となる冬の夕                     佐代子

 

 

来る年や地蔵様の前掛け縫う

 

 

 

古暦の残りの日日や未来の灯            美代子

 

 

京舞の白足袋一歩踏みだしぬ

 

 

 

石段の一歩一歩に淑気満つ              喜久巳

 

 

珍しく河原に上がる鳶かな

 

 

 

冬の日や深閑として我が在所               周

 

 

冬の日や励まされたる一人かな

 

 

 

柚子の香や一際引き立つ茶碗蒸し        順子

 

 

除夜の鐘思い出捲り日記帳

 

 

 

小春日の縁に座布団並べおり              こつる

 

 

大掃除父が形見のふいごかな

 

 

 

年ごとに淋しさ増える師走かな               しづ子

 

 

独り居やポインセチアの彩の満つ

 

 

 

鄙び戸の桟に差された絵門松               宇則

 

 

閉店街 ずぶ濡れの猪ちはやぶる

 

 

 

一列の甲冑の目や城淑気                   美穂

 

 

沖縄の海 恵方への通せんぼ

 

 

 

 

 

 




上記以前の作品は、「鼓動・風韻   と   歳時記2017 に掲載しています。

 

.

 

人生に一人雑煮のあるを知る

 

 

 

............................

 

※2 、※3   参考資料

 

種田山頭火  の  無季自由律俳句

 

 

 

咳をしても独り

 

ただ風ばかり吹く日の雑念

 

いつしかついて来た犬と浜辺に居る

 

墓のうらに廻る

 

分け入っても分け入っても青い山

 

 

空即是色  色即是空

 

 



梅雨空に「九条守れ」の女性デモ

 

 

 

青葉光る 我等の轍 刻みゆく 

 

5.18/2018佐藤一子(東京大学名誉教授・社会教育学)

  

1審さいたま地裁につづき、東京高裁でも勝訴!!

 

 

 さいたま市大宮区の女性作(74・原告)